【KANJU】姫路・太子の新築一戸建て・分譲地なら全戸耐震等級3、住宅性能評価書付の関西住宅販売へ!

消費税10%になるタイミング

消費税が10%に増税される2019年10月1日が近づいてまいりました。
住宅購入にあたっても、「消費税が上がるまでに購入できれば…」と検討されている方もおられる事かと思います。
住宅に関しては消費税8%で購入いただける条件がいくつかございます。

住宅の消費増税

一戸建ての場合

(1)3月31日以前にご契約いただき、かつ9月30日以前にお引き渡しが完了した場合・・・8%

(2)4月1日以降にご契約いただき、かつ9月30日以前にお引き渡しが完了した場合・・・8%

つまり、住宅の場合はお引き渡しが完了した時点での税率が適用となります。

注文住宅の場合

※土地は非課税です

(1)4月1日以降に工事請負契約をいただき、かつ10月1日以降にお引き渡しが完了した場合・・・10%

(2)3月31日以前に工事請負契約をいただき、かつ10月1日以降にお引き渡しが完了した場合・・・8%

注文住宅の場合はお引き渡しが消費税増税の2019年10月1日を過ぎても、消費税8%が適用される場合があります。
それは2019年4月1日までに工事請負契約(住宅が完成したら代金を支払うよ、という契約)を完了していた場合です。消費税が増税される日の半年前までに工事請負契約した場合には特別に経過措置が適用されることになっています。

2%の差

では実際、どれくらいの差が出るのでしょうか?

・1500万円の場合・・・約30万円
・2000万円の場合・・・約40万円
・3000万円の場合・・・約60万円

家具

しかし、消費税がかかるのは建物だけではありません。
引っ越し費用や家具、カーテン、エアコンなど、引っ越しの際に必要なものにも影響します。

増税後の対策

「住宅ローン減税」や「すまい給付金」で増税に関する負担を軽減する対策が行われています。
その対象条件は収入や金額によって変わります。

詳しくは当社スタッフにご相談下さいませ。